toriのシンプルライフ

2Kに暮らす夫婦のちいさなふたりぐらし

ブライダルフェア当日の流れや服装、質問すべきこと

 

f:id:krktori:20190105145928j:plain

 

ブライダルフェア当日。

「当日はどんな格好でいけばいいのかな?」

「用意していくことは無いの?」

そういった悩みにお答えします!

ブライダルフェアの申込方についてはこちら。

 

 

ブライダルフェアの服装

特に決まりはありませんが、「小洒落た店にフレンチを食べに行く格好」だと外れはないと思います。

歩き回るので、動きやすさも大事ですが、カジュアルすぎると少し周りから浮いてしまうかもしれません。

デニムパンツで来ている男性も時々見かけたので、あまり気にしすぎることもないとは思いますが、例えばホテルの格式などは少し気にした方がいいかもしれません。 

  

ブライダルフェアの流れ

 式場にもよりますが、

・アンケート

・式場見学

・模擬挙式

・試食会

・見積もり

という流れが多かったです。(イベント形式の大きなブライダルフェアでは、引き出物の展覧会や挙式レッスンなどを行う場合もありますが、ここでは一般的なブライダルフェアの話に留めます)

アンケートは、式日、形式(神前式or教会式or人前式)、予算、予定人数、イメージなどを事細かに聞かれます。お日柄(大安、仏滅など)を気にするかも聞かれるので、新郎新婦ですり合わせをしておきましょう。

また、親の了承を得ているかも確認されます。できれば親御さんにはブライダルフェアに行く前に結婚について話しておくとよいと思います。

模擬挙式はないところもありますが、見ておいた方が絶対にいいです!新郎新婦がどのようなことをするのか、勉強になります。

試食会は、式場によってはフルコースではなくハーフコースだったり、ワンプレートだったりすることもあります。コース内容はゲストにとって重要なので、しっかり確認しましょう!

 

見積もりの見方とブライダルフェアに行く回数

 見積もりについては、どこの式場も大抵最低限のプランを出しますが、各項目のどこが省かれているのか見極めることが重要です。

例えば今時当然にお渡しする縁起物を省いていたり、引出物の値段をあまりに低く設定していたりしたら、当然見積もりは安くなりますが、後で100万円以上違ってきます。

もちろんまだわからないことだらけだと思うので、その日は見積もりだけもらって帰り、じっくり検討すればいいのですが、「ブライダルフェアの日に式場予約すると大幅に割引する」というホテルがほとんどなので、そのホテルで式を挙げてもいいかな、と思っている場合は、ちゃんとその場で確認する必要があります。

ちなみに、式場の人は早く決めてもらいたいので、「式場見学は皆さん2~3回で決められますね」とかいいますが、私は10件くらい回りました

それくらい回ってやっと、どれくらいの見積もりが相場なのか、そこの見積もりの出し方が妥当なのかがわかってきます。

結婚式は、見積もり額からプラス50~100万は違ってくると言われます。実際私も40万以上高くなりました。

見積もりについてはまた書けたらと思います。

 

ブライダルフェアで質問しておいた方がいいこと

 気になっていることや、説明不足だと感じたところは、どんどん質問していきましょう。そのほか、

・最寄の駅からバスの送迎があるか

・屋外のチャペルやガーデンの場合は、雨が降った場合の流れ

・ドレスの試着に回数制限がないか

・他の結婚式のゲストとバッティングすることがあるか

バリアフリーはどうなっているか

あたりも聞いておくとよいかもしれません。

念のため、メモ帳は持っていきましょう!