toriのシンプルライフ

2Kに暮らす夫婦のちいさなふたりぐらし

ウエディングドレスの宅配クリーニングFineを使ってみた体験談!料金や発送方法など

結婚式が終わったら、くたくたに疲れているとは思いますが、なるべく早くやっておかなければならないことがいくつかあります。

そのうちの一つが、ウエディングドレス、ブライダル下着のクリーニングです。

私が実際に利用した専門クリーニングサービスをレビューしたいと思います。

 

f:id:krktori:20191213080829j:plain

ドレスクリーニングは専門店に頼む

 

ホテルなどでレンタルする場合は不要ですが、自前で用意した場合には、使用後に速やかなウエディングドレスのクリーニングが必要です。

ウエディングドレスはシルクやレースを多用しているため、汗がついたままだと、すぐに黄ばみや汚れに変わってしまうからです。

ドレスはボリュームがあり、細かいクリーニング作業も必要なので、自宅で綺麗に洗うことはできません。式後、すぐにクリーニングに出せるようにしておく必要があります。

私も、二次会用に自前でウエディングドレスを用意したのですが、二次会用といっても、通常の式で使われるような本格的なドレスだったので、専門店でのクリーニングが必要でした。

 

ドレスクリーニングFineとは?

私が使ったのは、ドレスクリーニングFineという、オンラインでクリーニング手続ができるドレス専門クリーニング店です。

Googleでいくつか調べたお店の中で、価格設定やWEBサイトの雰囲気、信頼性を比較して、一番良さそうなところがここでした。

なぜかWEBサイトが2つあるので混乱されるかもしれませんが、元々はドレスクリーニング東京Fineドレスクリーニング京都Fineの2つに分かれていて、それが統合して店舗が京都一本になったみたいですね。

まあオンライン店舗なので、どちらから申し込んでも関係ないと思います。

 

Fineを選んだ理由

信頼できそうな大手の宅配クリーニングサービスはいくつかあったのですが、ここは「ドレスの通常料金7700円」という安さもさることながら、ドレスの形を問わず一律料金なので、専門知識のない私にもわかりやすい料金設定だなと思いました。

また、抗菌・除菌・防カビ・NSP・遠赤帯電防止が無料でついているのも安心でした。

NSPってなんやねん…と思い先方に問い合わせてみたところ、「生地のハリと艶を復元した新しい加工」とのことでした。Fine独自の加工方法だそうです。

 

宅配クリーニングの流れ

①買い物カゴに商品を入れ、必要事項を記入し申込み

②紙の申込み書が届く

③確認・修正してドレスを発送

④検品、クリーニング

⑤商品の返送

 

申込から発送まで

 

まずはサイト上で、商品を買うように、自分のクリーニングしたいものを選択し、買い物カゴへ。例えばウエディングドレス一着なら「ウエディングドレス」を買い物カゴに入れればOKです。

住所等を入力して、申し込み、紙の申込書が自宅に届くのを待ちます。すぐには来ず、申込日から5日ほどかかりました。

この段階では料金は発生しないので、後から追加や変更もできます。

届いた申込書には、見積もり等が書かれています。2枚入っており、1枚は保管用、1枚は返送用です。2枚ともにサインをします。

私はグローブクリーニングを追加したかったので、「グローブ追加」と書き、料金を自分で修正しました(ボールペンで二重線を引き、変更後の料金を書き足すだけです)。

結構アナログなやり方ですが、後でちゃんと修正印が押されて帰ってくるので問題ありません。

最後に、クリーニングするものを自分で用意したダンボールに詰め、先ほどの申込書を同封し、元払いで送ります。私はゆうパックで発送しました。

注意点ですが、この際、保存袋やハンガーなどの余計なものは入れません。また、ここで発送用に使った箱は捨てられてしまうので、ドレスの入っていた綺麗な箱などは自宅に保管して、いらない箱やダンボールで送るようにしましょう。

サイズは、170cmを超えると郵送できないみたいなので、それに収まるようにしましょう。

 

発送後、クリーニング前検品

商品が向こうに到着すると、スタッフの方がスパンコールの黄変状態などを細かく検品して、どういう風に進めるか、詳しく説明してくれます。

コサージュの扱いについて質問したところ、コサージュの作りや状態を職人さんが確認してくれ、洗い方の方針をわかりやすく説明してくれました!

対応が本当に丁寧!

 

クリーニングと商品の返送

だいたい1ヶ月くらいでクリーニングが終了し、商品発送の連絡が来ます。

こんな感じの袋に入れられて、ダンボールで届きました(画像があまり良くなくてすみません…)。

f:id:krktori:20190307115035j:image

ちなみに、2800円の追加料金を払うと、FinePacという真空圧縮パックに入れてもらえます。長期保存に向いており、コンパクトに収納できます。私はすぐに転売予定だったため通常コースでお願いしましたが、自宅で長く保存したい方はそちらを選びましょう。

商品到着時に、代引きで料金を支払い。

コサージュもちゃんと綺麗に収納されていたし、仕上がりも満足でした!

かかった料金は税込みで計8316円、グローブを入れても9180円と、1万円もかからずクリーニングできました!

他店と比較はできないですが、対応・価格がよかったので、Fineはおすすめです◎ 

 

【おまけ】ウエディング下着のクリーニング

ウエディングの下着(ブラジャー、ウエストニッパー、フレアパンティなど)もクリーニングに出すことができますが、こちらは素材によっては自宅で洗濯することも可能です(シルクの自宅クリーニングは避けましょう)。

①オシャレ着用洗剤を薄めに溶かしたぬるま湯に漬け、優しく押すように洗います。

②何度か繰り返したら、今度はすすぎ。何度か水を替えながら、同じように優しく押すようにすすぎます。

③日光を避け、日陰で形を崩さないように干しましょう。

ちなみに私は、シルクのグローブだけはウエディングドレスと一緒に専門クリーニング店でクリーニングしてもらいました。864円でした。

素材を確認して、必要ならドレスと一緒に送るのがおすすめです。