toriのシンプルライフ

2Kに暮らす夫婦のちいさなふたりぐらし

ハイドロカルチャーのコーヒーを大きな鉢に植え替え

我が家のコーヒーの木を、一回り大きな鉢に植え替えました!

ハイドロカルチャーで育てているものです。

窓が小さく自然光が入りづらい我が家。

元気がないのを心配しつつ、冬の間は植え替えを行うと弱ってしまうため、暖かくなるまで待っていたのです。

 

 

準備するもの

・鉢

・ハイドロボール

・根腐れ防止剤

・イオン交換樹脂剤

・栄養剤

 

鉢は底に穴が開いているものは×。

外から水を確認できる透明なガラスが適しています。

ハイドロボールと根腐れ防止剤は、セリアやダイソーなど、100円ショップでも手に入りました!

 

前日にやること

f:id:krktori:20190520144551j:image

ハイドロボールを念のため洗います。

ハイドロボールは粘土を焼いたものなので、基本的に虫や菌等は基本的にはいないはずですが、万が一不純物があると取り返しがつかなくなるので、100円ショップのものは特に一度水で洗っておくといいようです。

一晩乾かしておきます。

 

当日、いざ植え替え!

新しい鉢の底に、根腐れ防止剤を入れます。

ダイソーで購入したゼオライトというものです。

ハイドロカルチャーで失敗する理由に最も多いのが、カビや根腐れ。水の管理は大切です。

その上に少しハイドロボールを入れ、一旦終了。

f:id:krktori:20190520144611j:image

 

根を洗う

古い鉢を傾け、古いハイドロボールをそっと取り除きます。

そして、取り出したコーヒーの根を慎重に洗います。

f:id:krktori:20190520144638j:image

水をためた容器で優しく振り洗いすると比較的楽でした。

腐っている根がある場合は、この段階で切り取るようです。

綺麗に根を洗ったら、先ほど入れたハイドロボールの上に手で固定し、残りのハイドロボールで周りを埋めていきます。

3本の木をバランス良く植えるのが意外と難しい…!

思った場所になかなか固定できませんでした。

 

イオン交換樹脂剤・栄養剤

イオン交換樹脂剤は、水の老廃物除去のためのもので、ハイドロカルチャーには欠かせません。

また、栄養剤は、植物の成長に必要な栄養を与える役割があります。

別々に用意してもいいのですが、栄養剤の役割も持つイオン交換樹脂剤があったので、それを購入しました。一石二鳥です。 これ↓

このパックに、小さな袋が3つ入ってAmazonで650円。

この栄養剤は3ヶ月に一度供給するようですが、一度に使う量がその小さい袋のさらに半分だけなので、だいぶコスパがいいですね。

園芸好きの方々が皆おすすめしているのも納得です。

説明通り、表面に撒いて水で底に流し込みますが、ゼオライトと一緒に最初から底に敷いてもいいらしいです。

ちなみに、近所のお花屋さんにはハイドロカルチャー用のイオン交換樹脂剤や栄養剤は売っていませんでした。ホームセンター等に行かないと無いのかもしれません。

Amazonがおすすめです。

 

完成!

f:id:krktori:20190520144443j:image

買ってきたばかりの画像を見ると、一回り大きくなったのがわかります。 

 

krktori.hatenablog.com

 

ただ、冬の間はなかなか日光を浴びさせてあげられず、可哀想なことをしました。

コーヒーは耐陰性があり育てやすいらしいのですが、我が家の日当たりが悪すぎたのか、葉先が茶色くなってしまいました。

布で包んで窓辺に置いたり、色々試したのですが…。

元は南国の植物なので、夏こそ少しでも太陽を感じてほしいです。