toriのシンプルライフ

2Kに暮らす夫婦のちいさなふたりぐらし

汚れたシャツが真っ白に!ウタマロ石けんの効果と保管に使える100均ケース

巷で人気のウタマロ石けんを、半年ほど前から、カッターシャツの部分洗い用に使っています。

蓄積した汚れも真っ白に落とすその効果には目を見張るものがあります。

今回はウタマロ石けんの使い方や、石鹸の保管方法のお話をします。

 

ウタマロ石けんとは?

ウタマロ石けんとは、食べこぼしや皮脂・化粧品汚れ、泥汚れなど、ありとあらゆる汚れを落とすと噂の、洗濯用固形石鹸です。

頑固な汚れが落ちるほか、除菌・消臭効果もあります。

植物由来の純石鹸(脂肪酸ナトリウム)を主成分としており、環境にも優しく作られています。

夫がカッターシャツの首回りの汚れや黄ばみを気にしていたので使い始めました。

元々そこまで気になるほどの汚れではなかったのですが、洗い上がり、新品のような白さを見て、意外と汚れが蓄積してたんだなとびっくり!

面白かったので汚れの強い服を取り出して片っ端から洗いました。

少し時間が経ってしまった汚れも、かなり綺麗になります。

さすがに数年経って完全に定着した汚れは無理でしたが、1ヶ月程度の汚れは薄くなりました。

 

カッターシャツの首元や袖口への使い方

まず、汚れが気になる部分を水で濡らします。

そして、ウタマロ石けんを直接塗りつけ、揉み洗いした後、そのまま洗濯機へポン。

これだけで、襟や袖口が真っ白になります。

一応蛍光増白剤が入っているため、色落ちの可能性がある服には使えません(色物、生成り、オフホワイトなど)。

そういった服と一緒に洗濯する場合は、水ですすいでから洗濯機へ入れています。

 

ウタマロ石けんの保管方法

ウタマロ石けんは、袋を開けてしまうと戻せないので、置き場所に少し困ります。

私が収納に使っているのは、ダイソーで見つけたこの容器。

f:id:krktori:20190620152803j:image

紙製ですが、表面がつるつるに加工されているので、水に濡れてもボロボロになりません。意外と丈夫。

f:id:krktori:20190620154957j:image

中にはいらなくなったタオルハンカチを敷いています。

週に何度も使うし、密封容器でもないので、カビの気配はありません。

見ての通りサイズが合うし、何より色がぴったりなのが嬉しいです(笑)

他にも、切ってボトルに入れたり、無印の救急ケースに入れたりと、色々な保管方法があるみたいです。

ウタマロ石けんは大きめなので、サイズの合う石鹸ケースがなかなか無いようですが、キャンドゥーから最近発売されたプラスチックのケースは、大きめでウタマロ石けんも入るそうですよ。

私は細かく切ったりするのは面倒だし、既存のプラスチックケースはサイズ感や色がどれもピンと来なかったのでこれにしましたが、他に良いアイデアを見つけたら参考にしたいです。

 

ウタマロの入手方法

ウタマロ石けんはスーパーやドラッグストアで入手できます。

最近はテレビで紹介されたりして、昔より色んなところで見かけますね。

頑固な汚れに困ってる方にはおすすめです!