toriのシンプルライフ~ちいさなふたりぐらし~

ミニマリストtoriのシンプルライフ

無印良品のアルミハンガーに統一してみて良かった点・失敗した点

家にあるハンガーを、無印良品のアルミハンガーに統一してみました。

クローゼットがすっきりして見た目には満足ですが、「思ってたのと違う…」という点もあったので、この記事が参考になれば幸いです。

  

購入したもの

購入したのは、無印良品の「ブナ材薄型ハンガー・3本組」を4セット、「アルミ洗濯用ハンガー・3本組」を8セットの、計36本です。

約半分が洗濯用、約半分がクローゼット用です。

f:id:krktori:20200107020940j:image

木製ハンガーはアウターやスーツ用に購入しました。

どちらも幅41cm、フック部分はアルミ製で、同じ形をしています。

無印良品のハンガーを選んだ理由は、まず入手しやすいこと

買い足したり壊れた時に買い替えたりすることを考えると、どこにでも店舗があって、この先形も変わらなさそうな無印がいいかなと思いました。

ネットにも目を引くものはあったのですが、売り切れや販売中止が怖いですからね。

あとは、価格!

木製ハンガーは3本1組で950円、アルミハンガーは3本1組で290円と、お手頃で揃えやすいです。

ちなみにネットショップだと、まとめ買いでさらに安くなるようです。

 

ハンガーを変えて良かった点

コンパクト

とにかく見た目がすっきりしました。

後でデメリットをいくつか挙げますが、それを補って余りある満足度です。

ハンガーが細身なので、洋服同士の隙間にゆとりができたように思います。

木製ハンガーの方も、平坦なデザインのものを選んだので、コートやスーツが分厚く膨れることもなく、すっきりと収納できました。

 

耐久性

あとやっぱり耐久性が違いますね。プラスチックのハンガーは度々割れていましたが、今後は重い服をかけて折れたりする心配はなくなりました。

こんなに丈夫でも軽い素材のため、たくさん抱えても重くないし、洗濯物ワイヤーがたわむこともありません。

劣化による変色もなさそうです。

 

インテリア性

それから、見た目や質感が好きです。

いい意味で存在感の少ないシンプルなデザインや、硬質な感じが個人的に良かったです。

肩に丸みがあり、張っていないので、服が伸びにくそうなところもポイント高いです。

最初はMAWAハンガーなど、いわゆる“落ちないハンガー”を検討していましたが、店舗で触ってみるとペタペタしていて、埃や服の貼りつきが気になったので、アルミにしました。

この辺は好みですが、私はこちらにして良かったと思います。

 

服を増やさない理由になる

新しくワンピースやアウターを買う時は、必然的にハンガーも買い足さないといけなくなるので、精神的なストッパーになります。

必要か不要かでいえば、クリーニング屋さんのハンガーでも充分でしたが、「いつかもっと服を減らしてハンガーを買い換えよう」と考えるだけでワクワクしたので、服を減らすモチベーションにもなりました。

 

失敗したなと感じた点

ぴったり重ならない

無印のハンガーは、フックの付け根の部分に小さな結び目みたいなのがついていて、そのデコボコが干渉してしまい、綺麗にぴったり重なりません。

まとめた時に厚さが出てバラバラになりやすく、やや絡みやすいのが難点です。

 

カシャカシャと音が鳴る

ハンガー同士がぶつかった時や、クローゼットのポールと擦れた時に、カシャカシャと音が鳴るのが最初は気になりました。

今では慣れましたが、神経質な方は気になるかもしれません。

 

形が2種類あるのを知らなかった

無印のアルミハンガーは二種類あって、我が家が購入したもののほか、肩紐を引っかけられる窪みのついたバージョンがあります。

当初これを知らなかったので、何もついていない方のアルミハンガーで揃えてしまいました。

窪みはあった方が良かったかなあ。

 

もっと服を減らしてからでも良かった

これはタイミングの話ですが、ハンガーを総とっかえするのは、もう少し服が減ってからでも良かったかなと思いました。

特にこの1年で夫のアウターとスーツが増えたので、木製ハンガーが多く必要になってしまいました。

ただ、昔はハンガーが夫のと合わせて130本以上あったことを思うと、当時の約1/4の本数で済んでいるので、服の断捨離をして本当に良かったなと思います。

 

見えないところが大事

私は国内外の素敵なお部屋の写真を眺めるのが好きなのですが、おしゃれな部屋とそうでない部屋の差って、細かいところに出ているんだなと思います。

自宅もちょこちょこアップグレードしつつあるのですが、周りを整えていくと、小さな生活感に目がいくようになりました。

2020年は少ないモノで生きること以上に、自分たちの理想とする部屋で生きることを優先したいので、こうしたちょっとした部分の修正・改善は続けていきたいです。

今回のハンガー総入れ替えを機に、家にあるクリーニング屋さんのハンガーは全て処分しました。

今クリーニング店でもらったものは全てお店に返却しているので、今後使ったり捨てたりすることはないでしょう。

それ以外のハンガーはまだ一部残していますが、少し様子を見て、問題なければ捨てます。

これからは無印のハンガーを大事に使っていきたいと思います!

 

今までのハンガーにまつわる記事まとめ

その1

krktori.hatenablog.com

 

その2

krktori.hatenablog.com

 

その3

krktori.hatenablog.com