toriのシンプルライフ

2Kに暮らす夫婦のちいさなふたりぐらし

結婚式のお呼ばれドレスをフリマアプリで調達するメリット・デメリット

友人の結婚式に参加する際の服装って結構悩みますよね。

夫曰く「男性はスーツにネクタイやハンカチーフなどの小物を合わせるだけでいいので楽」だそうですが、女性の場合、ドレスからヘアセットまで、特別な装いが必要になります。

私の場合、お呼ばれドレスは毎回フリマアプリで購入し、式が終わったらすぐさま出品して手放しています。

今回は、フリマアプリを利用するメリット・デメリットや、ドレスを格安で準備する方法についてお話します。

 

f:id:krktori:20200314051609j:plain  

ドレスをフリマアプリで購入・出品するメリット

私は、フォーマルバッグ、サブバッグ、靴、ショールは自前で持っていますが、ドレスは所有していません。

結婚式前にフリマアプリで購入し、一度着たらクリーニングをして、すぐに出品。

こうすることで、次のようなメリットがあります。

 

破格でドレスを調達できる

ドレスは頻繁に着るものではないためでしょうか、フリマアプリでは一度しか着ていないようなほぼ新品の中古品が、格安で出品されています。

安ければブランドドレスでも2500円くらいから、少し高級なラインのものでも7000円くらいから購入できる場合があります。

意外と出品数も多く、選択肢もそこそこあります。

送料やクリーニング代はかかるのでプラマイゼロとは言いませんが、もう一度出品することで、ほとんど負担なくドレスを調達できます。一度着ると価値が下がってしまうことを考えても、かなりお得だと思います。

これの何が良いかというと、毎回違うものを着ることができるという点です!

ドレスはやはり着ると気分がアガりますし、「その年齢でないとできないスタイル」というのもあるので、せっかくなら毎回違う装いを楽しみたいと思っています。

また、職場関係者や仲の良い友人グループ、サークルメンバーの結婚式なんかだと、呼ばれる人が固定化することも珍しくありません。

何万円も出して買ったドレスが一度着てお蔵入りになるのももったいないし、かといって写真に映る自分が毎回同じドレスというのも味気ないので、このように単価を安く抑えて頻繁に買い換える方式にしています。

 

 

ドレスを保管する手間やスペースが省ける

ドレスは繊細なので、虫食いや経年劣化に気をつけながら、丁寧に保管する必要があります。

また、滅多に着ないにも関わらず、収納の片隅でいっちょまえに場所をとります。

服をすぐ売れば、これらの問題から解放されます。

私の場合、売る時のことを考えて、なるべく名前の知られたブランドのドレスを選ぶようにしているため、だいたい一週間もすれば売れています。

このように保管の手間やスペースが省ける方法だというのは、私のようなミニマル思考の人にとってはぴったりではないでしょうか。

ちなみに、小物を所有しているのは、「細々したものを毎回買い揃えるのはさすがに面倒だから」「ドレスと違って小物の出品は多くなく、状態が良いものも少ないから」といった理由があります。

バッグとショールと靴は、色味が違うとちぐはぐな印象になっておかしいので、合わせて選んだものをセットで持っています。

 

ドレスをフリマアプリで購入・出品するデメリット

気に入ったドレスに出合えるかは運

 フリマアプリは出品数は多いですが、お店で買うのとは違い、お気に入りのドレスを見つけられるかどうかはタイミング次第になります。

結婚式の日取りがわかったら、早いうちから探して購入するようにしています。

中古ドレスは安いので、私は迷ったら複数購入して、その中から選ぶこともあります。

ちなみに、メルカリよりラクマの方がレディース服が充実している気がしています。

 

出品や発送の手間がかかる

あとは出品や発送が面倒と感じる方もいらっしゃると思います。

まあ今はゆうプリタッチ等の便利な機能があるので、写真を撮ってサイズ載せて、売れたら袋に入れて郵便局に持っていくだけなのですが、慣れていなかったり、コンビニや郵便局が遠いと、たしかに面倒かもしれません。

また、対ユーザーというのがストレスに感じる方は、お店で購入したりレンタルしたりした方が楽だと思います。

 

レンタルドレスも選択肢の一つ

フリマアプリが苦手な方には、レンタルドレスもありかなと思います。

レンタルドレスのメリットとしては、

・クリーニングの手間がないこと

・上質な服も安価で着られること

・フリマアプリと異なり品質や発送トラブルのリスクが少ないこと

・基本的に結婚式のマナーに則った服が用意されているので、マナー違反の危険性が少ないこと

などが挙げられます。

一方デメリットとしては、

・借り物なので気を遣い、動きが制限される

・レンタル期間が決まっているので、結婚式前後の予定に響くことがある

・直前までドレスの実物を確認できない

といったものが挙げられます。

レンタル期間の問題は、私がレンタルドレスに踏み込めない最大の理由。

結婚式後は二次会や三次会に参加したいし、遠方の結婚式であれば旅行の予定を前後に入れたりするので、急いでドレスを返却しなければならないというのは気持ちが焦ります。

また、例えば2泊3日で借りたとして、もし届いたのが気に入らなかったり体型に合わなかったりした場合に、慌てて前日に別のものを買いに行かないといけないのが怖くて、まだ試していません。

最近、こちらの「おしゃれコンシャス」さんが同一料金で6泊7日まで延長できるサービスを始めたとのことで、気になっています。

一週間あれば安心かなと思います。試着はできないそうですが、代替品発送(有料)など、気に入らなかった場合のケアが手厚い印象です。

ドレスだけで3,800着以上の品揃えらしく、流行を押さえたドレスも入荷しているようなので、一度試してみようかなと思います。

私の場合、まだ仲の良い友人の半分以上が未婚で、しばらくは結婚式に呼ばれる可能性があるので、とりあえずは今のフリマ形式でよいかなと思ってはいますが、いずれ結婚ラッシュが過ぎれば、バッグや靴やショール等の小物も全て手放して、式の都度レンタルするのもありかなと考えています。