toriのシンプルライフ

2Kに暮らす夫婦のちいさなふたりぐらし

片付けでリバウンドしない!ミニマリストが教える、キレイな部屋を維持するコツ5つ

頑張って片付けても、綺麗になった状態を維持するのが、実は一番大変です。

リバウンドしないコツを、ミニマリストの私が5つほどご紹介していきたいと思います。

 

 

f:id:krktori:20210223220207p:image

キレイな部屋を維持するコツ5つ

ゴミ箱を手の届く範囲に置く

ゴミはすぐ捨てないと…と思っていても、つい鼻をかんだティッシュをテーブルに放置してしまう。

そういう方は、おそらく「捨てる」行為そのものに何らかのストレスがあるはず。

ゴミ箱がいつも一杯だとか、ゴミ箱が遠いとか、ゴミ箱が小さいとか、ゴミ箱が開けにくいとかの理由で、ゴミを捨てるのが面倒に思えるのかもしれません。

そのストレスを取り除くためにも、ゴミを捨てやすい環境を整えましょう。

 

「元に戻す」を徹底する

「すぐに捨てる、下げる、戻す」を徹底することが、キレイな部屋を維持するコツです。

「食べ終わった皿をそのままにしていないかな」「 ペン立てから取った物を、使って机に置いたままにしていないかな」と意識してみましょう。

部屋が汚い人の言い訳として、「手の届く範囲に全部置いておきたい」「どうせまた使う」というものがありますが、置きっぱなしにすると、上に物が積み重なり、探したり取り出したりするのが余計に面倒になります。

おすすめの方法は、「3アクションで元に戻せるようにする」というもの。

  • 引き出しを出して、物を入れて、戻す。
  • 棚を開けて、物を入れて、閉める。

元に戻す作業をできるだけシンプルにしましょう。

 

5分間の掃除タイムを設ける

朝起きた後、夜寝る前など、自分の好きなタイミングで、5分間ずつ掃除をするのがおすすめ。
私は出かける直前など、リミットが決まっている時に、トイレ、キッチン、机の上、パソコン周りなど、小さくスペースを区切って、ささっと掃除しています。
毎日少しずつ片付ける癖をつけると、いつもキレイな部屋で過ごせるようになります。

無理なら1分でも30秒でもいいので、どこか一つ片付けることを目標にしてみて下さい。

今日できなくても、気にせず明日からまた始めてみて下さい。

 

モノを新たに持ち込まない

せっかくモノを減らしても、モノをまた増やしてしまえば、元も子もありません。

現代人は生きているだけで、なぜかモノを引き寄せてしまいます。

目に付くところに常に割引やおまけの誘惑があり、「なかったら困る」と過剰に不安を煽られ、いらない郵便物やおまけを大量に配布されます。

リバウンドを繰り返してしまうという方は特に、心を鬼にしてスルーしましょう。

必要以上の買い物をしない、物を家に持ち込まない

この2つを意識するだけで、部屋の物の総量が維持されます。

 

片付けを好きになる

物をたくさん持っていた頃、私は片付けがとても嫌いでした。

終わりが見えないし、どうせまた汚れてしまうし、と考えてやる気が出なかったのです。

今もたまにめんどくさいと感じることはありますが、基本的には片付けが大好きです。

いらない物を思い切って手放したり、片付けが終わった後は爽快感を感じますし、何もない部屋は居心地が良いです。

片付けられない自分に自己嫌悪に陥ることもなく、心も安定して、物事に落ち着いて取り組める気がします。

片付けが好きになると、捨てる物や片付ける場所を自ら進んで探すようになり、綺麗な部屋を維持できるようになります。

では、どうやったら片付けが好きになるのでしょうか?

私は、「慣れて得意になること」だと考えています。

慣れていくと、体が自然と覚えて、得意になっていきます。取捨選択が早くなり、作業もそれほど疲れなくなります。

得意なものは、やっていて楽しいですよね。

慣れるまで、片付けを繰り返す。

そして片付けが当たり前になった頃、片付けが楽しくなっている自分がいると思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

  • ゴミ箱を手の届く範囲に置く
  • 「元に戻す」を徹底する
  • 5分間の掃除タイムを設ける
  • モノを新たに持ち込まない
  • 片付けを好きになる

この5つを意識的に守って、リバウンドしにくい部屋作りを目指しましょう。

仮にリバウンドしてしまっても、自己嫌悪に陥らず、何度でも挑戦して下さいね。

個人的には最後の「片づけを好きになる」が、一番効果的だと思っています。

リバウンドしてしまう原因を一生懸命考えて改善すれば、きっと片付けの癖がついて、綺麗で気持ちの良い環境を維持することができるはず。

諦めず、一緒にすっきりした部屋を目指しましょう。

 

ゴミ屋敷にお悩みの方へ

もし今自分ではどうしようもない状況で、汚部屋を早くなんとかしたいという方は、業者に任せるのも選択肢の一つです。
プロは淡々とこなしてくれますし、慣れているので作業も早いです。
ただし、安価な業者の中には不法投棄をするような悪質なものも多いので、実績を確認してから申し込みましょう。

最近では掃除の様子をYouTubeにアップされている業者も多いですが、「ゴミ屋敷バスター七福神」もその一つ。テキパキと片付いていく様子は見ていて気持ち良いので、私も好んで観ています。ダンディ坂野さんがイメージキャラクターなのも安心感がありますね。

関東8県、関西6県、東海4県で活動されており、月間100件近くものハウスクリーニングや遺品整理等をこなしているにもかかわらず、満足度は97.8%と高評価です。

業界最安値を目指しているそうで、他社では必要なことの多い見積もりや出張料、車両代、特急料金などが全て無料です(下記WEBサイトからの申込みでさらに10%割引になります)。

公式サイトで詳しく見る

 

汚部屋は時間が経つほどゴミを溜め込んでしまい、その分料金も上がっていってしまうので、早めの対処が肝心です。

「業者はちょっと…」という方も、動画を観るだけで片付け意欲が湧き上がるので、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。