toriのシンプルライフ

2Kに暮らす夫婦のちいさなふたりぐらし

メルカリ・ラクマなどフリマアプリで売れた意外なもの8つ。シーグラス、ジャンク品、水引、応募シールetc

高校時代にネットオークションを始め、以来10年以上色んなフリマアプリやサービスを利用してきた私が、「今まで実際に売れた意外なもの」をご紹介していきたいと思います。

 

f:id:krktori:20210504233336j:image

壊れたプリンター

PC関連機器や家電は、壊れていても「ジャンク品」としての需要があります。

修理して再利用するほか、部品を抜いてリサイクルするそうです。

以前、純正インク以外を使ったせいで壊れてしまったCanonのプリンターを出品したところ、送料込み2000円ほどで引き取ってもらえました。

粗大ゴミとして費用を払うはずのものが、むしろ利益になり、有難かったです。

 

景品やおまけ

無料の景品やおまけも、思わぬ値段で売れることがあります。

高校時代はよく、ファッション誌の付録や音楽雑誌で当たった読者プレゼントなどを、ネットオークションに出してお小遣い稼ぎしていました。

企業のオリジナルキャラクターは需要がないため難しいですが、サンリオやジャンプ、ディズニー作品などとコラボしたグッズは需要が高いです。先日くら寿司が鬼滅の刃とコラボして作った「ビッくらポン」の景品なども、キャラによっては500円くらいの値段がついたりしているようです。

手に入れたくともお店に行けない人もいるので、無料のものでも、出品してみると意外と売れたりします。

 

ブランド物の中袋や紙袋

ブランド物の財布や鞄を包んでいる布袋。

しっかりした素材でできているうえ、ロゴが印字されていて綺麗ですよね。

これも出品してみたら即座に売れました。

中古で購入したブランド品を保管するのに探している方などが多いそうです。

ブランド紙袋のセットなども結構売れているみたいですね。

 

試供品セット

断捨離を始めた頃、化粧水や乳液などの試供品を、30個くらいセットにして、500円で売りました。

ハイブランドの物も多かったからか、すぐに買い手がつきました。

だいたい1ヶ月分相当のスキンケア用品だと考えるとお得ですよね。

 

中古のレターセット

昔趣味でレターセットやポストカードを集めていたのですが、これも売れました。

だいたい7セット300円くらいに値段設定していました。

レターセットは新品のほか、使いかけも混じっていたのですが、綺麗な状態なら説明すればちゃんと売れます。

厚みの出ないものは送料も安く済むので、出品もしやすいですね。

 

水引き

結婚式のご祝儀についていた水引きですが、綺麗なので捨てるのが忍びないなあと思っていたところ、ちょうどヒルナンデスで水引きアクセサリーについての特集をやっていました。

利益はあまり考えず、ゆうパケットプラスに全部詰めて、送料込み500円くらいに設定したらすぐ売れ、相手の方にも喜ばれました。

利益は40円くらいでしたが、可愛いアクセサリーに生まれ変わってもらえれば嬉しいので、ボランティアみたいなものですね。

最近はブームが終わったので売れにくくなったかも…。

 

景品応募用シール

景品と交換できたり、プレゼントに応募できたりするシールやマーク、バーコードは、数が集まると結構売れます。

昔、「黒ばら本舗」の椿油を使っていたのですが、この椿油の箱についたマークを800点分集めると、47mlの本体を1本もらえるのです。

800点までもう少しというところで集めるのをやめたのですが、せっかく集めたので出品してみたら、300円くらいで売れました。

ヤマザキパンやマウントレーニアのキャンペーン応募シールなども人気ですね。

 

シーグラス

海で波に揉まれ、ガラスが削れてできたシーグラス。

昔集めていたもののうち、状態の良い物だけをセットにして、1袋1000円くらいで売れました。

状態が悪いもの、欠けがあるもの、小さすぎるものなどはあまり売れませんが、珍しい色や形のものは、少量でも高値がついたりします。

シーグラスや貝殻は、インテリアやアート、アクセサリー用に取引されているようです。

ちなみに流木なども売れますが、こちらは洗浄が大変。

虫や微生物を除去しなければなりませんが、水槽用に探している人も多いため、ハイターなどは使えず、大きなドラム缶などで煮沸する必要があります。また、送料がかかるため、利益率は低いです。

 

終わりに

こうしてみると、色んな物に需要がありますね。

ネットオークションやフリマアプリは、モノを気持ちよく手放すのに本当に向いていると思います。

最近ではもう手放す物がなくなったのでフリマアプリはお休みしていますが、断捨離中はほとんどあげるような気持ちで、出品最低価格(300円)で出品することも多かったです。

「処分が面倒」「自慢のコレクションを譲りたい」「せっかくなら誰かに使ってほしい」「ちょっとしたお小遣い稼ぎがしたい」と思ったら、ぜひ利用してみてくださいね。

 

忙しい方には出品代行サービスも

「楽に売りたい場合はネット買取、高く売りたい場合はフリマアプリ」というのが基本ですが、ある程度値段も妥協したくない方には、フリマアプリ出品代行サービスというものがあります。

マカセル」では、出品から質問対応、発送まで、全て出品のプロである「マカセラー」に任せることが可能。

好きな「マカセラー」を選んで依頼すれば、あとは業者が家まで商品を取りに来てくれるので、家で報告と入金を待つだけです。

公式サイトで詳しく見る

 

手数料や送料は多少かかりますが、ネット買取よりは断然高く売れるので、大量に商品がある方や、高価な物を売りたい場合には検討してみて下さいね。