toriのシンプルライフ

2Kに暮らす夫婦のちいさなふたりぐらし

アウターの数を減らす3つのメリット

冬物コートのクリーニングをようやく済ませました。

現在私の持っているアウターは、春物を含めて全部で5着です。

アウターを減らしたことで感じたメリットを、皆さんにもお伝えします。

  

私の持っているアウター

現在私の持っているアウターは5枚です。

・カジュアルな黒のジャンパー(ノーブランド)

・フェミニンなグレーのコート(MERCURYDUO)

・フォーマルな黒のコート(Burberry)

・真冬用のホワイトベージュのダウンコート(Le souk)

・春先用のブラウンのトレンチコート(EddieBauer)

TPOや季節・気温にも配慮すると、これが私にとっての最小限です。

飽きてしまわないように色はばらばらですが、服に合わせやすいように、ベーシックな色を選ぶことを心がけています。

少し前までは気分に合わせて使い分けていたので、いくつもコートを持っていましたが、使う場面がかぶるものは、全て売りました。

状態の良いコートは、メルカリなどでも買い手がつきやすかったです。

 

アウターを減らしたメリット

私が感じた、アウターを減らすメリットはこちらです。

①コート掛けがすっきりする

②保管中の状態悪化を防げる

③クリーニング代の節約になる

 

①コート掛けがすっきりする

アウターは他の服と異なり、自宅でのこまめな洗濯が難しいですよね。

また、埃や虫のリスクがあるため、多くの方は一度着たコートをクローゼットにはしまいこまずに、コート掛けなど、外に出して収納しているのではないでしょうか。

アウターが多いと、コート掛けが雪だるまのように大きくなったり、重みで軋んだりと、「すっきり」とは程遠い状態になりかねません。

また、重なり合ったコートは、取り出すのもいちいち不便です。

我が家では、5着までかけられるコート掛けを、クローゼットのドアに引っ掛けて使っているのですが、アウターを減らしてからは、ここにすっきり収まるので嬉しいです。

f:id:krktori:20200429230753j:image

我が家のコンパクトなコート掛け。

今は夫のが3着、私のが1着かかっています。

 

②保管中の状態悪化を防げる

アウターの収納問題は、冬だけではありません。

アウターは分厚いため、1着だけで普通の服数枚分の場所を取ってしまいます。そのため、シーズン以外の時の収納もかさばりがち。

収納がぎちぎちに詰まっていると、長期間放置している間に服を傷めてしまうおそれがありますし、風通しが悪くなり、カビや虫の発生を招く場合もあります。

アウターの数が最小限だと、夏の間も、スペースにゆとりをもって保管できます。

 

③クリーニング代の節約になる

アウターのクリーニング料金は、通常の服より少し高めに設定されています。

例えば白洋舎さんだと、半コートが1600円、コート・トレンチが1900円、ダウンコートだと3700円で、革コートだと8000円です(税別、2020年4月現在)。

また、襟やファー、ベルトなどに革や毛皮などが使われていた場合、別費用がかかります。

人数の多いご家族や、アウターをたくさん持っている方なら、クリーニング代だけで数万円かかることもあると思います。

また、アウターの数が多いと、1着あたりの使用頻度が下がるので、「今年はほとんど着なかったのにクリーニング代だけが飛んでいった…」なんてことにもなりかねません。

クリーニングの時に「ちゃんと着た」という納得感が得られるという点でも、アウターを少なめにして着倒すのはおすすめできます。

 

まとめ

f:id:krktori:20200508172108p:plain

いかがでしたでしょうか。

アウターを減らすと、コート掛けや収納がすっきりし、夏場の保管中も綺麗に状態を保つことができますし、クリーニング代も少なくて済みます。

衣替えの季節なので、心機一転、アウターの整理に着手してみてはいかがでしょうか?