toriのシンプルライフ

2Kに暮らす夫婦のちいさなふたりぐらし

手持ちのハンガーを数えてみたら100本近くあった件

クリーニング屋さんのハンガーがたまって来たので処分することに。

ついでに手持ちのハンガーが何本あるのかなあと思って数えてみたら、なんと100本近くありました!

我が家のハンガー多すぎ問題

 f:id:krktori:20190105145852j:plain

私はハンガーに特にこだわりもないので、クリーニング屋さんでもらう黒いハンガーを再利用しています。

日々の洗濯にはちょうどいい細さですし、黒いので日に焼けても色が変わらない。

仮に壊れても捨てるのに抵抗がありません。

ヨーロッパで暮らしていたこともありますが、日本は無料でもしっかりしたものをくれる良い国だと思います。

でも、クリーニング屋さんのハンガーってどんどん増えていきますよね。

ただでさえ二人暮らしを始めたことでハンガーの量は2倍に増えているので、いい加減処分することにしました。

それと同時に、「今持っているハンガーって何本くらいあるんだろう?」と疑問に思い、ついでに数えてみました。

  

手持ちのハンガーを数えてみた

まず、ウォークインクローゼットにあるハンガーが53本

こちらは、今現在服をかけるのに使っている分です。

クリーニング屋さんのハンガーだけでなく、コート用ハンガーや、スカートが4枚かけられるハンガー、夫が一人暮らしで使っていたハンガー、ワイシャツ用の針金ハンガーなどを全て含みます。

そして、普段洗濯物を干すのに使っているクリーニング屋さんのハンガーが…なんと48本!

48本も一気にベランダに干すことはないよなあ…(笑)

合わせて100本近く持っていたことに自分でも驚きました。

 

よく考えると形がばらばらで使いにくかった

大量のハンガーのうち、どれを捨てようかと見てみると、結構形がばらばら。

改めて考えると、これが小さなストレスだったなあと思い出しました。

フックや肩幅のサイズが微妙に違うせいで、干した時に高さが揃わなかったり、襟ぐりの広い服が落ちやすかったりして、イライラすることがありました。

種類がばらばらなのは、何度か引越しをしたせいで、複数のクリーニング屋さんを利用してきたことが原因。

というわけで、とりあえず洗濯物用のハンガー48本については、少しでも形の違うものはすべて捨て、丈夫でクリーニング屋さんのロゴが印字されてない、綺麗な20本だけを残すことにしました。

まだ少し多いですが、今後ちぐはぐなハンガーが出てきたときに入れ替える可能性があるので、ひとまず残します。

クローゼットの中のクリーニング屋さんのハンガーも、決めた種類のものと入れ替えはしましたが、こちらは服をある程度手放してからまた見直します。

というわけで、計28本のハンガーとさようならしました。

f:id:krktori:20190105145854j:plain

 

クリーニング屋さんのハンガーの処分方法

ハンガーは、クリーニング屋さんに持っていけば無料で引き取ってもらえたり、中には割引券と交換してくれたりするところもあります。

とはいえ私の場合、前の家の近くの店までわざわざ持っていくわけもいきません。

メルカリを見ると、なんと20本とか70本のハンガーのセットが1000円〜3000円で売られていましたが、私のは形がばらばらで買い手もつかなそうだし、80サイズ以上の送料がかかってむしろ赤字だなと思ったので、普通ゴミに出すことにしました。

プラスチック製でも、ハンガーはプラゴミではなく可燃ごみ(針金ハンガーは小型ごみ)なので注意です(お住まいの自治体のルールをご確認下さい)。

 

ハンガー整理をして良かったこと

まずはハンガーの種類を統一できたこと。

クリーニング屋さんのハンガーは、店名が書いていたり、小さかったり、弱い素材でできていたりするものも混じっています。

それを全部捨てて、綺麗で硬くて使いやすい、無地のハンガーだけ残せたのは気持ちが良かったです。

クローゼットのごちゃつき感もなくなりましたし、洗濯物の干しにくさも軽減しました。

また、この機会に持っている服の数を把握できたのも良かったです。

今回ハンガーを数えてみて気づいたのが、クローゼットに結構服があるなあということ。クローゼットには、私と夫のスーツ、ワイシャツ(ブラウス)、アウター、ワンピース、スカートを主に収納しているのですが、これらが50点以上あることは確実になったので、減らさないといけないなあという気持ちになりました。

ミニマリストや片付けのプロの方々は、皆口を揃えて自分の服の数を把握するのが大事だとおっしゃいますもんね。

あと、単純に形の違うハンガーを見つけたり、同じ種類のハンガーをグループ分けしたり、大量のハンガーを数えたりする整理整頓作業が楽しかったです(笑) 

ハンガーは服を減らしていくとまたたくさん出てくると思うので、定期的に処分することを心がけたいと思います。