toriのシンプルライフ

2Kに暮らす夫婦のちいさなふたりぐらし

季節の変わり目は片付けのチャンス

3月も半ばになり、すっかり暖かくなってきました。

冬物をクリーニングに出したり、春物を出したりする時期ですね。

季節の変わり目は、アイテムを見直すチャンスです。

 

 

今日捨てたもの。

今日捨てたのはこちら。

f:id:krktori:20190316034936j:image

自分と夫の服を合わせて12着処分しました。

毛玉のついたニット、スカート、ジャケット、黄ばみやヨレの目立ってきたカッターシャツ、古いスーツ、糸の出てきた靴下など。

大判の紙袋いっぱいになったので、古布の日に捨てようと思います。

 

季節の終わりに衣替えするメリット

季節の変わるタイミングに衣替えを挟むと、色んなメリットがあります。

 

今シーズン着なかった服を把握できる

気に入って買ったアイテムも、年齢や好みの変化によって、着る頻度が落ちることがあります。

1年着なかった服は大抵、賞味期限切れか、どこか自分がストレスを感じている服です。(たま〜に数年越しにブームが再び巡ってくるものもありますが。笑)

そのシーズンに着たかどうかは、処分するかしないか決める目安になります。

 

ギリギリまで着倒してから捨てられる

なかなか捨てる踏ん切りがつかない服ってないですか?

季節終わりなら、「来年は着ないだろうしいっか」「今年使い倒したしいっか」と気持ちよく手放せます。クリーニングの手間もありません。

私にとってのマフラーがまさにこれ。

スヌードも持っているので、捨てると決めたものの、結局シーズン終わりまで使い倒してしまいました。

ものすごくものすごく気に入っていましたが、毛玉だらけだし、今年の冬は沢山使ったので、諦めがつきました。

ちなみに私の首は1つですが、一時期はマフラーやストール合わせて10本くらい持っていました。

来年の冬はスヌードひとつで乗り切る予定です。

 

収納スペースを確保しやすい

季節終わりに処分すれば、「来年まで衣装ケースの中に不用品が眠っている」という状況がなくなります。

引っ越し先のクローゼットは狭くて余裕がなく、着ない服で場所を取るのは勿体ないので、来年使わなさそうなものは全て処分しました。

おかげでかさばる冬服もコンパクトに収まりました。

 

比較的売れやすい

不用品をフリマアプリなどで売りたい場合は、その年のうちに売った方がいいかなと思います。

一年経つと、保管中に服も傷みますし、流行遅れになることもあるからです。

とはいえ、売れやすいのはそのシーズンが始まる1〜2ヶ月前とも言われているので、流行り廃りがないもので、保管に自信があるなら、売れやすい時期をあえて狙うのもアリです。

どちらにしても、ずっと眠らせておくのではなく、衣替えのタイミングでどれを処分するか見直すのが大事です。

 

気持ちの変化と心がけていること

昔は「来年着るかも…」という気持ちがどうしてもあり、ほとんど来年に保留していました。

でも徐々に、どうせ来年になったら、その時自分が着たい服を着たくなることがわかってきました(笑)

なので昔よりは躊躇なく処分できるようにはなりました。

捨てるときは迷っても、捨てた後は気持ちがスッキリしていることの方が多いし。

ただ、先ほども書いたように、数年越しに情熱が再燃した服や、年齢を重ねたことで似合ってきた服などもあるにはあるので、残すものも結構あります。

毛玉とかほつれとかは気にしますが、基本的にファッションは楽しいものなので、強迫観念で捨てることだけはしないようにしたいです!