toriのシンプルライフ

2Kに暮らす夫婦のちいさなふたりぐらし

パソコンを処分する前にやっておいたこと

ノートパソコンを1台処分しました!

 

パソコンが4台もあった我が家

我が家にはパソコンが4台ありました。

私と夫、それぞれ2台ずつです。
夫のは仕事用と家庭用なので2台持ちは仕方ないのですが、私の場合、買い換えたにもかかわらず前のパソコンを放置している状態でした。

このパソコン、一応動くのですが、動作が異常に遅かったり、バッテリーが古く電源がすぐ切れたりと、とにかく調子が悪い。

型も5年以上前のものです。

捨てよう捨てようと思いつつ、データ消去が面倒でそのままにしていました…。

パソコンの組立てが趣味の父に相談したところ、部品を使いたいので引き取ってもらえるとのこと!

パソコンの処分は難しいので助かりました!

 

パソコンの処分は難しい

電化製品は、壊れていてもジャンク品としてネットオークションやフリマアプリで売却が可能ですが、パソコンに関しては最初から出すつもりはありませんでした。
理由は3つ。

  1. リカバリー(工場出荷時の状態に戻すこと)を行っても、データの復元が容易なので、個人情報が漏れやすい
  2. OSを再インストールするためのディスクなど、付属品が欠けていると売れない
  3. 知識がないと質問に対応できない

私は特に1を気にしていました。
わざわざ個人情報を抜くために中古を買う人はいない」という意見も見ましたが、写真やクレジットカード情報などが復元されたらやっぱり嫌なので、気持ちの問題です。

 

安全な処分の仕方

データを抜かれない方法としては、以下の方法があります。

 

データの削除ソフトを使う

強力な削除ソフトを使えば、データの復元が難しくなるとのこと。

ただ、強力で信頼できるソフトは有料であることが多いです。

また、完全に消去できるとも限りません。

 

リサイクルショップで削除してもらう

リサイクルショップでは、買取時にお願いすれば、無料でデータを削除してくれることが多いです。

ただし、大手の業者でないと不安が残ります。

国の認定を受けた業者や、データ消去証明書を出してくれる業者を選びましょう。

また、リカバリーディスクをパソコンと一緒に持っていく必要があります。

 

ハードディスクを抜く

データの入っている部分を物理的に取り除く方法です。

当然データは一切残りませんが、売る時の値段が大幅に下がり、100円や200円になってしまいます。

 

以上のようにどれも難があるため、今回の父の提案は助かりました!

 

パソコンを処分する前にやっておいたこと

データのバックアップ・削除

数年使っていないパソコンでしたが、一応中に入っていたデータのバックアップは取り直しておきました。
デスクトップ、ミュージック、ドキュメント、ピクチャー、お気に入りをHDDにコピーして終わりです。
これだけの作業なのに、動作が遅すぎてめちゃくちゃ時間がかかりました…。

そのあと普通にデータを削除。

父親に譲渡するだけなのと、リカバリーディスクを作るのが面倒だったので、初期化まではしませんでした。

 

iTunesの処理

iTunesに関しては、全く使っていないしiCloudでもバックアップを取っているので、HDDへのバックアップはしませんでした。
ただ、連携できるデバイスが限られているので、認証を解除しておきました

iTunesを開き、「アカウント」>「このパソコンとの認証を解除」から簡単に解除できます。

ダウンロードしている方は必ずしておきましょう。

 

パソコンはテーブル下にすっきり収納!

f:id:krktori:20190105145914j:plain

パソコンの収納についてはまだまだ課題もありますが、とりあえずこんな感じに落ち着きました!

テーブル下のスペースにちょうど収まりました。

夫の家庭用パソコンは、オーディオ代わりに本棚の上に置いています。

パソコン×インテリアは、もっと勉強していきたいですね。